(右)ドイツ ダ・ヴィンチ社
ディレクターのマイヤー氏

2012年1月 paper world
(ドイツ フランクフルト)

赤澤屋商事のご案内

沿革、概要

赤澤屋商事(代表 赤澤 一彦):岡山県倉敷市出身。

2005年、東京を拠点にダ・ヴィンチ(ドイツ)とリレッド(オリジナル)の2つのブランド画筆の卸業として独立。
東京、大阪を中心にダ・ヴィンチ、リレッドの拡販に励む。
過去に勤務していた画材総合卸会社の営業経験を生かし、2006年に鉛筆、製図用品のステッドラー・ファーバーカステル・三菱と書道関連用品のクレタケを、2007年には日本画用品の吉祥の卸しを事業に加え、また書道・日本画用品のヨーロッパ輸出に着手。
2009年国内外約70店舗の取引に至る。
2010年奈良筆あかしや(彩・水彩毛筆等)の代理店を開始。
2015年をもってダ・ヴィンチ(ドイツ)の日本エージェントを終了。それに代わり同年、新たにドイツ製「リレッド VDRRシリーズ」の販売を開始。
2016年、リレッド(オリジナル)を「リレッド MSRRシリーズ」とし日本から海外ブラシメーカー製造に移行。